指導の先生
ヴォイストレーナ 中島 敬子


横浜市出身。武蔵野音楽大学声楽科卒業。声楽を中西八寿子、R. リッチ、佐藤恵利、ピアノを林善子、的場喜美の各氏に師事。田園調布学園時代6年間八尋和美氏の合唱指導を受け、現在も交流が続く。
1996 〜 2002 年までオホーツク国際音楽セミナーに参加し、現在も小林研一郎氏の指導を受ける。「海老名市子供会の歌」作曲。神奈川県推薦音楽会出演、コロムビアにて教材用テキスト録音。
現在、ソロ活動のほか、合唱活動、ヴォイストレーナー、合唱、弦楽アンサンブル指導。


ヴォイストレーナ  白井 賢一



北海道札幌市出身。武蔵野音楽大学声楽学科卒業。同大学院修士課程音楽教育専攻修了。
これまで東京都、神奈川県の公立学校で教壇に立ち、合唱部、吹奏楽部、リコーダーアンサンブル部、管弦楽部などで顧問として指導にあたる。現在は東京都立若葉総合高等学校教諭。
2001年夏、国内外の指揮者講習会に参加した際に乾氏と出会う。乾氏や団員の音楽に対するひたむきな姿勢と情熱に感銘を受け、2008年に招聘を受けて以来、共に活動している。


ピアニスト 花光 典子


愛知県立明和高校音楽課程卒業。愛知県立芸術大学音楽部ピアノ科卒業。日本福祉大学に7年間非常勤講師として勤務。八重口敬子、福井直俊、永野美佐子、丸山恵美、楊 麗貞、國越純子の各氏に師事。
名古屋で数々の演奏会に出演、四日市市でリサイタルを行う。現在、座間市演奏家連
盟の会員として座間市音楽祭などに出演多数。2002 年以来「海老名で『第九』を歌おう会」で練習ピアニストを務める。


ピアニスト 東 夏子


国立音楽大学音楽学部演奏学科鍵盤楽器専修(ピアノ)卒業、同時にアンサンブル・ピアノコース修了。その後、同大学上級アドヴァンスト・アンサンブル・ピアノコース修了。
ピアノを梅本実氏に師事。学内において、練木繁夫、アントニー・シピリの各氏、また共演ピアニストとして、伊藤京子、白井光子、嶺貞子の各氏による公開レッスンを受講。学外においても、ノーマン・シェトラー氏の伴奏法を受講。
主にドイツ歌曲の共演ピアニストとして研鑽を積む。
現在、コンクールでの伴奏、声楽との共演、合唱団ピアニスト等、様々な分野での演奏活動を行っている。