出演者
 ソプラノ 佐竹 由美

東京芸術大学及び同大学院博士課程修了、博士号を取得。在学中、東京藝大「メサイア」公演のソリストとしてデビュー。学部を首席で卒業、皇居桃華楽堂にて御前演奏の栄を授かる。
ロータリー国際親善奨学生として渡伊。第53回日本音楽コンクール第2位入賞、同時に最高位に贈られる福沢賞受賞。イタリア・ノバラ市国際声楽コンクール第2位入賞。ライプツィヒ第8回バッハ国際コンクール第4位入賞。
バッハ、ヘンデル、モーツァルトなどの宗教作品のソリストとして活躍、その確かな技術に支えられた透明感のある美声と洗練された歌唱が最大の魅力で常に高い評価を得ている。またアメリカ芸術歌曲等のコンサート活動をはじめ、現代作品においても作曲家諸氏から絶大なる信頼を得て数多くの新作初演を行う。オペラにおいても二期会「魔笛」「フィガロの結婚」「エジプトのヘレナ」、東京室内歌劇場「オルフェオ」「水車屋の娘」など主要キャストとして出演、近年はテェスティ、ヘンデル、パーセルなどのバロックオペラにも出演、好評を博す。2009年文化庁芸術家在外研修員(ニューヨーク)。よんでん文化振興財団芸術文化奨励賞受賞。国立音楽大学、愛知県立芸術大学講師。二期会会員。

佐竹 由美 HP

アルト 長島 桂惠子

 武蔵野音楽大学音楽学部声楽学科卒業。同大学専攻科修了。中西八寿子、A,ボルヒャルト、大国和子、上江法明、佐竹由美の各氏に師事。在学中、福井直秋記念奨学金を受ける。千葉県新人演奏会、各種コンサートに出演。NHK洋楽オーディションに合格。FM放送出演。オペラ「蝶々夫人」「修道女アンジェリカ」「ヘンゼルとグレーテル」オペレッタ「こうもり」ロザリンデ、「魔笛」侍女T等に出演。さがみはらの音楽家たちコンサートNO.23、ベートーベン「第九」のソロ、2009年2月にはオペラ.ガラコンサートに於いてナレーションに携わる。2015年8月に相模女子大グリーンホールにて、指導している合唱団のコンサートを行う。合唱団の指揮者、声楽、ヴォイストレーナーとしても指導。福祉活動にも力を入れている。


 
テノール 辻 秀幸


幼少よりヴァイオリン・ピアノ・フルート・金管楽器・作曲を学び、東京藝術大学声楽科及び同大学院独唱科修了。声楽を渡邊高之助、宗教音楽を小林道夫、佐々木正利の各氏に師事。
1985年イタリアのミラノを中心にヨーロッパへ音楽遊学。L.グゥアリーニ女史、F.タリアヴィーニ、H.リリングらの各氏に師事。
1986年イタリアのノバラ市国際声楽コンクール入賞。同年ドイツのハイデルベルク、1988・89年ウィーンの楽友協会大ホール、2000年にはカイザースラウテルン、パッサウ他、数都市でベートーヴェン「第9」のソリストを努め、ヨーロッパ各地でコンサートに出演し好評を博す。国内でもドイツ・イタリア・日本歌曲を中心に各地でユニークなリサイタル活動を展開する。オペラにおいては古典から現代に至るまで、数多くの作品に出演し、その優れた歌唱と演技は、新聞・音楽誌上でも度々絶賛された。
また宗教音楽の演奏家としての活躍は特に目覚しく、バッハ・ヘンデル・ハイドンの宗教曲・オラトリオの演奏では、ソリスト・エヴァンゲリスト、そして指揮者として、その活動は常に注目を集めている。現在指導に当たっているアマチュア合唱団は十数団体を数える。共著に『わかって歌おうシリーズCD付き解説書:レクイエム発音講座/フィガロの結婚』がある。
NHK「みんなのコーラス」レギュラー解説者、洗足学園大学客員教授、日本合唱指揮者協会副理事長、東京都合唱連盟理事。
辻 秀幸 HP



バス 大石 洋史

 
長崎県出身。昭和音楽大学卒業、同大学院修了。今村啓子、山田祥雄、折江忠道、G.ロルミ各氏に師事。
日伊声楽コンコルソファイナリスト。イタリア声楽コンコルソ金賞・聴衆賞。全日本彩明ムジカコンコルソ第1位。長江杯国際音楽コンクール最高位。アジア国際文化芸術フェスティバル銀賞。
バッハ「カンタータ」、ヘンデル「メサイア」、ベートーベン「第九」、モーツァルト「戴冠ミサ」、フォーレ「レクイエム」等のソリストを務める他、オペラでは、「ドン・パスクアーレ」マラテスタでデビュー後、「コジ・ファン・トゥッテ」グリエルモ、「愛の妙薬」ベルコーレ、「ルチア」エンリーコ、「椿姫」ジェルモン、「蝶々夫人」シャープレス、「カルメン」エスカミーリォ、「ファルスタッフ」フォード、「セヴィリアの理髪師」フィガロ、「秘密の結婚」ロビンソン伯爵、「フィガロの結婚」アルマヴィーヴァ伯爵、「ラ・ボエーム」マルチェッロ等、多数出演。川崎市・瀋陽市交流30周年記念コンサート出演。昭和音楽大学キャンパスオープニング記念オペラ公演「愛の妙薬」ベルコーレ役、文化庁人材育成オペラ公演「魔笛」パパゲーノ役でも好評を博す。
2014年に1stCDアルバム「Message」をリリース。
昭和音楽大学講師。La piazza代表。日伊音楽協会会員。藤原歌劇団団員。

大石 洋史 Facebook

 チェンバロ 水永牧子 


Photo: Wataru Nishida

バロックから現代作品まで、そしてソロ活動から様々な形態のアンサンブルまで、従来の古楽奏者の枠にとどまらない多彩な活動を展開している、チェンバロ界期待の新星。また公開講座やテレビ等のメディアを通じて、チェンバロそして古楽の普及につとめている。
海老名出身で、クラーク博士の「Boys be ambitious!」(少年よ大志を抱け!)の言葉を世に伝えた、大島正健を高祖父に持ち、2004年に台風の被害を受けた北海道大学のポプラ並木の再生プロジェクトに関わり、倒木から作られたチェンバロのお披露目演奏(06年)を担当。新聞各紙等で大きく取り上げられ、話題となった。以後、北大チェンバロアカデミー講師として定期的に招かれている。
1999年モントリオール国際チェンバロコンクール第2位入賞。M・ゴネヴィルの現代作品を演奏し最優秀賞も受賞。2002年ソロCD「D. スカルラッティ・ソナタ集」(アントレ)を発表し、レコード芸術の「特選盤」となった。また、続けて「夢見る雨」「イングリッシュ・ガーデン」(ビクターエンタテインメント)を発表し、いずれも高い評価を得ている。
アンサンブル活動では、96年以来バロック・アンサンブル “ラ・フォンテ−ヌ”のメンバーとして活躍。第11 回古楽コンクール・アンサンブル部門(山梨)最高位入賞。2000年ブルージュ国際古楽コンクールのアンサンブル部門第2位、併せて聴衆賞を受賞。ヨーク音楽祭、ロンドンSBC音楽祭に出演。NHK-BS番組「素敵にガーデニングライフ」のテーマ音楽を担当しているほか、CD・ラジオ出演も多数。また近年は、チェンバロ三重奏”アクア・トリニティ”を結成し、バロックのみならず、アレンジを生かした現代作品も演奏。チェンバロの新しい可能性を追求している。
東京生まれ。幼少の頃より桐朋学園子供のための音楽教室にて学ぶ。
桐朋学園大学古楽器科卒業。フライブルク音楽大学大学院を卒業後、最優秀の成績にてドイツ国家ソリストディプロマを取得(チェンバリストとしては同校初めて)。
ドイツ留学中は、作曲家S. グバイドゥリーナとの共同プロジェクトへの参加やモーリス・アンドレとの共演など、ヨーロッパ各地で演奏活動を行った。
2001年度文化庁在外研修員。ピアノを坂井由紀子、チェンバロを故鍋島元子、ロバート・ヒル、作曲を三瀬和朗、橋本礼子、オルガンを水野均、C・シュノールの各氏に師事。

水永牧子 HP